賃貸マンションの空室対策|ミスをしないことが一番大事|投資初心者は手堅さ重視

ミスをしないことが一番大事|投資初心者は手堅さ重視

積み木

賃貸マンションの空室対策

男の人

空室のリスクと対策

賃貸マンションを保有している場合に、そのリスクとして、一番に思い浮かぶのが空室になることです。投資用のワンルームマンションでローン物件の場合を想定しますと、賃貸料でローンを返済しつつ、完済していくというシステムです。賃貸料でローンを返済するわけですから、空室で賃料が入らない場合にはローンを返すのも大変です。そこで、最近の方式として家賃保証という方式が採用されています。家賃保証とはその文字の示すとおり、空室でも管理会社が家賃を支払い、ローンに充当するというシステムです。このシステムですと、空室により賃料が入らないというリスクは回避されることとなり、安心です。最近の投資用ワンルームマンションおいては、このシステムを採用してるケースが増えています。

空室の対策の留意点

前段で説明した家賃保証は、空室でも家賃を管理会社が充当してくれるので、一見すると大変、オーナーにとっては、安心なシステムです。しかし、全ていいことというわけではありません。留意すべき点が何点かあります。まず、第一に、空室でも家賃を管理会社が充当するわけですから、管理会社は、空室の際のことを考えて、家賃は低めにします。一番留意すべき点は、投資用マンションですから、将来高値がついて時に転売して儲けようと考えているオーナーもいることでしょう。転売の際には、家賃保証の解約金が発生致します。この金額は、家賃の3カ月分になります。転売の際には、このほかにも、ローンの残債の繰り上げ返済の手数料、転売に関する仲介手数料と諸々の諸手数料が発生します。ローン完済まで持ち続けている方には影響はありませんが、投資として購入した方には、家賃保証の解約料は、じわりとのしかかります。